福岡・天神地下街(てんちか)は東側通路が歩きやすい?

北はショッパーズやノース天神から南は大丸やエルガーラまで全長約590メートルの地下道は天神中心地のほとんどの商業施設に地下で繋がってます。


天神は福岡空港から地下鉄で約15分とアクセスもよく、この地下街で移動できるので雨の日や真冬の寒い時期でも地上に出ることなく用事をこなせます。

参考福岡 天神地下街の公式サイト

 

 
 

移動は道幅の広い東側通路がおすすめ

天神地下街には西側と東側の2本の通路がありますが1番街(ミーナ天神辺り)〜7番街(きらめき通り辺り)間は東側の道路の方が実は幅が広く動きやすいのです。
私も毎日移動に地下街を使ってますが特に地下街のお店に用がなく、地下移動の時は道幅の広い東側の通路が便利です。

西側の通路

image

 

東側の通路

image

 

特に日中は沢山の人が地下街を利用するので西側通路ではなかなか思うように前に進めなかったりします。

女性でハイヒールを履いてる方は東側通路は中央が石畳になっているので脇の方を歩くか西側通路が良いでしょう。

男は男らしく道の真ん中を堂々と歩きましょう!

 

インフォメーション広場

image

▲慣れないと方向感覚を見失う地下鉄天神駅を出たところの地下街

きらめき通り

image

▲この先ソラリア・ステージ、ヴィオロや岩田屋へ続いてます。

天神かっぱの泉

image

▲パルコへの入り口エスカレーター脇にある天神かっぱの泉。

image

 

地下街エリア案内マップ

image

 

image

 

あとがき

あまり気にしていなかった天神地下街の通路ですが、毎日移動で利用するので東側の通路をよく使います。特に雨の日は沢山の人が地下街を使って移動するのでその際は東側通路を!と覚えておけば少しは違うかなぁ!?

ほとんどの人にとってはどうでもいい情報ですが・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

幼少期に香港と日本を往復、その後インドネシアを経てオーストラリアで高校・大学生活を過ごす。秋葉原でパソコン関連会社にて8年勤務後、現在は福岡でサラリーマン。