裸のiPhone 6落下→画面が割れた!ストレスが軽減する割れたiPhoneとの付き合い方について考えた

先日、また自分の不注意でiPhone 6を落として画面を破損させてしまいました。iPhone 4sから数えて今回で3度目です。


以前にも書きましたが私はiPhoneをケース無しで裸で使う派で過去に何回も落として画面を割っていますがそれでもケースは使ってません。

関連裸のiPhoneを人工的にダメージ(傷)加工を施してホールド感とグリップ性能を向上させる

ケースを付けていても落とすタイミング次第で画面は割れます。もちろんケースを着けていない裸のiPhone に比べると破損する確率は圧倒的に低いでしょう。

毎度思いますが落として画面を割ってしまったのは素直に残念ですが、ケースを着けてれば良かったと思うような後悔はありません。

ただ、画面が割れたからと直ぐに修理には出しません。程度にもよりますが、しばらくはこのまま使っていう覚悟です。今回で3回目の落下クラッシュですが、これを機にiPhoneの画面割れについて個人的に感じた事をブログに残しそうと思います。

お暇な方はどうぞお付き合いください。


 
 

割れてから画面保護シートを貼るという事

画面保護シートや保護ガラスも貼らないで本当に無保護でiPhoneを使ってました。

しかし、画面が割れた後は100均の画面保護シートを貼りました。

割れた画面のカケラが散乱して家族に迷惑をかけたく無いと同時に割れた状態使い続けると画面のヒビ割れ状態が悪化しヒビ割れの範囲が広がるのを少しでも抑えるためです。

私の場合は保護シートというよりも被害拡散防止シートです。

割れたことによる精神的な開放された

裸でiPhoneを使う事は日々の扱いに注意を払わないといけない分ストレスです。ケースを着ければ保護されている安心感があり、この観点においてはストレスは軽減されます。でも私はケースを着けない裸派なのでこのストレスと毎日向き合って過ごしてきました。

iPhoneの画面が割れてからはこのストレスから解放さました。そう、もうそんなに気を使わなくていいんだと思えて気持ちが楽になります。

もちろん割れ方にもよりますが…

盗難の可能性も減りますよね。誰も壊れたiPhoneなんていりません。日本国内では盗難は少ないですが、海外だとまだまだ盗難されるケースは多いです。

また、キャリア提供の有料補償サービスですが、私の場合はドコモで対象機種がiPhone6なので月額600円支払ってます。

正規サービスではないにしても探せば一万円弱で画面修理が出来るので今後の有料補償サービスを解除。また、今後新規契約する時にも有料補償サービスは入らないと思います。

 
 

割れたiPhoneはアイキャッチ素材にはならない

これまでiPhoneに関するブログ記事を書いた時は自分でアイキャッチイメージを撮影してましたが、今後しばらくは出来ません。誰も無惨なiPhoneなんて見たくないですからね。

不快な思いをさせてしまうだけです。

関連iPhoneのホーム画面はミニマルに!無駄を無くしてシンプルに使うべし! |

関連タブレット文字入力に不満? 重さわずか152g、激薄・電池内蔵Bluetoothキーボードがもたらす幸せタブレット生活

さいごに

新しいiPhoneが発表される度に世界最速で画面を割ってしまった写真付きのツイートが話題になりますね。

水没より落下させてしまう方が殆どだと思うので、近い将来落としても割れないiPhoneが発売される事を期待してます。

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

幼少期に香港と日本を往復、その後インドネシアを経てオーストラリアで高校・大学生活を過ごす。秋葉原でパソコン関連会社にて8年勤務後、現在は福岡でサラリーマン。