スマホ世代にLINEよりもFacebook メッセンジャーをおすすめする理由とは

スマホが普及した日本ではメッセージアプリとしてLINEを利用されている方が大多数かと思います。かく言う私もLINE利用者ですが、どちらかと言うとFacebook メッセンジャーをメインに利用しています。


全ての対人テキストコミュニケーションを1つのサービスにまとめての利用が個人的な理想ですが、相手がいる事なのでそれはいくらなんでも無理です。LINEは国内で最も普及しているスマホのメッセージツールですが、国外ではLINE利用者よりもFacebook利用者の方が多い為Facebook メッセンジャーの方が普及していると言えます。個人的にはLINEとFacebookどちらも利用可能な状況にしておけば困る事はほとんどないかと思います。

どちらがメッセージアプリとしてお勧めかと問われると私はズバリFacebook メッセンジャーと答えます。

この記事でこれからFacebookを利用しようとしている方の参考に、またLINEもFacebookも利用しているけどFacebook メッセンジャーの利便性について改めて考え直す機会となればと思います。

 
 

Facebookのアカウント登録には電話番号が要らない

LINEは本人確認のためにSMS承認という方式をとっているのでアカウントを作るにSMS受信可能な電話番号が必要です。一方、Facebookのアカウント作成はこれまでのほとんどのウェブサービスと同様Emailアドレスで本人確認をします。


つまりLINEの登録には基本的に電話番号が必要だがFacebookの登録にはそれが不要、そして実はFacebookアカウントを持っていれば電話番号の登録なしでLINEの登録ができちゃいます。これがどういう事かと言うとMVNO回線でデータ通信のみ契約しているスマホユーザーでもFacebookアカウントがあればSMS承認なしでLINEが使えるという事です。

▼Facebook 連携のみでLINEを使っている状態

SMSまたは電話接続でアカウントの認証ができない場合は、Facebookによるアカウントの認証ができます。

以下の手順でFacebook認証を行ってください。

Facebookによるアカウント認証手順

1) LINEをインストールし、開いた最初の画面で[新規登録]をタップ
2)[Facebookでログイン]をタップ
3) Facebook画面でログイン

LINEヘルプ | Facebookによる認証とは?

端末変更時でもアプリの移行・引き継ぎが簡単

Facebook メッセンジャーは端末変更時に面倒な引き継ぎ作業は要りません。新しい端末でFacebookメッセンジャーのアプリをダウンロードしてログインするだけで友達リスト、メッセージ履歴などが引き継げます。また、古い端末でも引き続きFacebook メッセンジャーを利用することが出来ます。

一方でLINEは携帯電話番号1つまたはメールアドレス1つにつき、1台しかアプリ認証が出来ないのでスマホの複数端末から同一アカウントを使う事はできません。PCとiPadのLINEアプリからは同一アカウントを利用可能。

Facebook メッセンジャーと違ってLINEは端末変更前に引き継ぎ作業をしないと友達リスト、トーク履歴やスタンプなどの課金アイテムが新しい端末に引き継がれないので注意が必要です。

 
 

写真・画像データを定期的に削除する必要が無い

LINEは使えば使うほどトーク、写真、ボイスメッセージファイルなどのデータが蓄積しアプリの容量が肥大化していきます。

iPhoneの空き容量が少なくなってしまった時はどうにかして容量を稼ぎたいものです。その時はLINEアプリの設定>トーク・通話>データの削除画面で不要なキャッシュ、写真データ、ボイスメッセージデータ、ファイルデータ、トーク履歴を必要に応じて削除することが出来ます。


ここで注意が必要なのはLINEは写真データ(アルバムは除く)やトーク履歴などをクラウドではなく基本的に端末に保存しているという事です。

iPhoneの空き容量は作りたいけど、これまでやりとりした写真データは削除したくないというのが本音ではないでしょうか?

かといってこれまでのトークを確認し写真を選別してカメラロールに保存するという骨の折れる作業も現実的ではありません。

ではFacebook メッセンジャーはどうなのか?

Facebookの場合メッセージや写真データは基本的に端末側ではなくFacebookのサーバーで管理されているようです。一時的に端末にもキャッシュとして保存していると思われますが基本的には端末側で保存していないのでLINEのようにデータを削除する必要がありません。

▼Appのサイズ自体はMessengerがLINEよりも大きいのですが、アプリに蓄積したデータ容量は圧倒的にLINEの方が大きい!


Facebook メッセンジャーは端末にはキャッシュが残るだけでLINEのようなアプリ容量の肥大化は無いと言えます。

キャッシュだけでもアプリ容量が大きくなることもあるのでその時は一度アプリを削除してダウンロードし直しましょう。LINEのように面倒なバックアップや引き継ぎを考える必要はありません。

ちなみにiPhoneのFacebook メッセンジャーでもメッセージでやりとりした写真は一覧表示できます。端末のキャッシュにないデータの表示はネット接続が必要です。

アプリ内カメラで撮った写真はカメラロールに保存しない設定

個人的にうれしいのがFacebook メッセンジャーのこの設定。


メールの『Inbox Zero』の理念にならって私が勝手に挑戦している『Camera Roll Zero』、iPhoneの写真は全てGoogleフォトと同期させクラウドで管理しているのでFacebookメッセンジャーのアプリで撮った写真は私のカメラロールには不要です。

さいごに

一昔前のキャリアメールの様にシンプルなメッセージや写真のやり取りが主な用途であればFacebook メッセンジャーがお勧めですが、スタンプやLINEに付帯するサービスを多用する方はLINEでいいと思います。

ハッピーシンプルライフ

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

幼少期に香港と日本を往復、その後インドネシアを経てオーストラリアで高校・大学生活を過ごす。秋葉原でパソコン関連会社にて8年勤務後、現在は福岡でサラリーマン。