4K対応のハッキントッシュ OS X10.9 Marvericks

Mac Pro

一昔前に比べるとアップル製品も比較的購入しやすい価格帯で販売されるようになりましたが、メモリやハードディスクの拡張性の他にグラフィイクスカードの選択枠など自作可能なWindows PCにはまだまだ多くの魅力があります。

 
 

4K対応のHackintosh

そんな中、9to5Macに次世代4K解像度に対応するHackintoshの自作が紹介されています。
スペックおよび使用パーツは一般的な自作パソコンでも使用されるものばかりでアマゾンなどで比較的簡単に手に入ります。

プロセッサ:インテル Core i7-4770K Quad-Core Desktop  3.5GHz
マザーボード:Gigabyte GA-Z87X-UD5H Z87チップセット搭載
メモリ:Corsair Vengeance 16GB DDR3
SSD: SanDisk Extreme SSD 120GB
HDD:Seagate Barracuda 2TB
グラフィックスカード:EVGA GeForce GTX760
電源:Corsair TX650M 80PLUS BRONZE認証取得
ケース: Fractal Design Define R4
液晶モニタ:Seiki 39インチ 4K

カスタムMacの総合参考サイト:http://www.tonymacx86.com

UniBeast

BIOSのブートメニューで USB Drive を選び事前にUniBeastで使ったOS X Mavericks からインストールを開始します。インストール完了後に MultiBeastを使いフラッシュドライブ無しでOS Xをブートできるようにします。

また、この MultiBeastを使いドライバー関連のトラブルも解決できるようです。記事の中ではオーディオディバイス (Realtek 898) のドライバーも解決出来ているようです。

UniBeast

ソース記事:http://9to5mac.com/2013/12/18/how-to-build-a-4k-hackintosh-on-the-cheap-for-fun-and-profit/

Mac Pro