Google Chrome ログインして使うパスワード保存機能を使ってみた

Google Chrome ログイン

グーグルの公式ブラウザであるGoogle Chromeは設定でブラウザにパスワードを記憶させて保存しておく機能があります。もちろん保存させない設定もあります。

このような機能はChromeに限った機能ではなくモダンブラウザであれば普通に存在する機能です。

 
 

使用環境を選ばない使い勝手

自分はこれまでパスワードのような個人情報意外の何者でもないセンシティブな情報は環境に依存するブラウザなどには保存しない派でした。しかし毎回ログイン名とパスワードを入力する煩わしさからこの機能をしばらく試してみることにしました。

結果、わかってはいましたがかなり便利で効率が良いです。

しかも、Google Accountでサインインしておけばブラウジングの環境や開いているタブを環境を問わず同期してくれるので自宅で使用してるパソコンや出先で使用してるノートパソコンまたはiPhoneでブックマークや回覧サイトの履歴を共有できます。

もちろんブラウザに保存したパスワードも暗号化して共有できます。

Google Chrome ログイン

ブラウザの設定画面の「詳細設定を表示…」をクリックするとパスワードとフォームの選択が出来ます。

Google Chrome ログイン

この画面にはこれまでに登録したログインとパスワード情報がリスト化されて表示されます。下記は一例としてファミマTカードのメンバーズ専用ページのログイン情報を保存した情報です。ログインページのURLとパスワードが伏字で保存されているのがわかります。

保存したパスワードは表示ボタンをクリックするといとも簡単にパスワードが確認出来ます。

Google Chrome ログイン

一部ではこのパスワード表示機能がパソコンを他人に貸したりする場合セキュリティ上問題となりChromeでのパスワード保存機能をおすすめしていないようです。

保存したパスワードを管理するこの画面表示の際にパスワードが必要な設定があれば特に問題はないかと思うので是非今後対応してもらいたいものです。

しかし、自分のパソコンやスマートフォンの使い方としては知人にパソコンを一時的でも貸したりする機会は年間数えるほどありません。1〜2回あるかないかなので特に問題ありません。逆に複数の環境に跨ぐパスワードの管理を目的とした便利な使い方が出来るのかなと思っています。

201312269

2013年12月28日現在のiPhone版Google Chrome Version  31.0.1650.18の設定画面ではパスワードの表示機能はありませんでした。

さいごに

結果として使い方や情報の保護意識の価値観次第と思いますが、個人的には非常に便利な機能かと思います。先述した通りパスワードの表示する際にはGoogle Accountのパスワードの入力を必要としたセキュリティ対策していただければと思います。

仮に一時的に他人や知人がパソコンを使う必要がある場合を想定し、貸し出す前にChromeでGoogleアカウントをログアウトした場合でもこれまでに同期したパスワードを含むデータはパソコンに残るようです。既にGoogleアカウントに保存されているデータを削除するにはGoogle ダッシュボードを使用して削除する必要があります。

201312267

Google Chrome ログイン