ミニマリスト的iPhone活用術!標準ブラウザをChrome→Safariにしたら色々なiPhoneアプリが不要になった

Chrome→Safariにしたら色々なiPhoneアプリが不要になった

標準ウェブブラウザをChromeからSafariに変えて約2ヶ月、iPhoneに入れてたアプリが減ってミニマリスト気分が味わえました。


Chrome→Safariにしたら色々なiPhoneアプリが不要になった
iPhone標準搭載のSafariがiOS8以降使いやすくなったのでGoogle Chromeから標準ブラウザを変更しました。その時の記事は下記をご参照ください。

それでもiPhone以外のiMacとMacBook Airは今でもGoogle Chromeを標準ブラウザとして使っているので、やっぱりiPhoneでも使いたい!と思ったことは何回もあります。
実際、何度もChromeをダウンロードしてインストールしました。
しかし、その度にiPhoneはやっぱりSafariが使い易いと思ってしまいます。

一番の理由はページの『戻る』と『進む』がスワイプで出来ること。
また、ページのReload (再読込)ボタンがワン・アクションで行えることです。

あまりにも快適にブラウジングできるので使用頻度の少ない下記アプリをウェブ版に置き換えてSafariのタブで開いておけば事足りると判断して削除しました。

  • Google sheets
  • Google Analytics
  • Google Adsense
  • Yahoo! JAPAN
  • 楽天市場
  • ヨドバシ
  • アマゾン
  • Facebook

たまにしか使わないアプリはジャンジャン消してドンドンSafariでウェブページを開いてタブにキープ!

Facebookは頻繁に使いますが、通知はリアルタイムで受け取る必要はないので、これもSafariのタブで開いておけば良いかなと。
最近の2週間に1度の定期アップデートの内容が不明確で気持ち悪かったので・・・

 

これからもウェブ版で十分なものはSafariのタブに!

Chrome→Safariにしたら色々なiPhoneアプリが不要になった