無料ブログサービス Google Bloggerから移行!トラブルあってもWordPressで得られた3つの恩恵

Googleの無料ブログサービスのBloggerでまったりとブログを始めましたが、今年のゴールデンウィークにロリポップ!レンタルサーバーのWordpressに移行しました。




WordPressにして失敗したと言う話を私は聞いた事がありませんが、結論から言うと皆さんが言っている通りWordPressに移行して良かったと思っています。

Bloggerでも独自ドメインで運営していたのですが、いきなり記事の移行で予想外のトラブルがありました。

 
 

移行プラグインのBlogger Importerが使えない!

私の環境ではWordpressのインポートツールBlogger Importerで記事と画像のインポートを試みるもエラーが発生して先に進まないというトラブルが発生しました。

正確にはインポート開始ボタンをクリックしても無反応…色々設定を見直し確認するも変化無し。

せっかちな私はトラブルの検証に時間をかけたくなかったので着実に記事を移行させる為、とても面倒ですがBloggerの記事のHTMLソースをを1つ1つコピペでWordpressに新規登録しました。

60弱の記事しか無かった事と記事内容を見直す良い機会になったのでこれはこれで良かったと思っています。

BloggerからWordpressのページリダイレクト処理

2日かけて記事の移行を終わらせましたが、ここでリダイレクト処理の事を忘れてる事に気付きました。

WordPressへの移行は前々から考えていましたが、十分に下調べせず思い立ったかのように移行作業を開始したのがバレバレですよね。

そこで自動生成されたコードをBloggerのテンプレートにコピペするだけでリダイレクトしてくれる夢のようなプラグインBlogger To WordPressを見つけたので早速使ってみました。

使い方の詳細は下記ページに詳しく解説されているので割愛します。

プラグインをインストールして有効化ボタンをポチっと

そして「Start Configuration」ボタンをクリックしたらコードが自動生成されて

あれ?おかしいな・・・

blogger to wordpress redirection error

Sorry… No posts found that were imported from a Blogger.com blog

え?マジか!

前述したBlogger Importerを使って記事をインポートしていないからこのプラグインは使えないって事?

この状況について検索したりして解決方法を探したけど、結局リダイレクトする記事が多くなかったので記事の移行と同様ここでもマンパワー(手作業)でBloggerのテンプレートのヘッダーにリダイレクトするコードを書いていく事にしました。

記事の数だけ if とelseifのリピート作業の開始です!

トップページをリダイレクトするコード

まずはBloggerのトップページ(indexページ)へのアクセスを新しいWordpressのトップページにリダイレクトするコードです。

例)

リダイレクト元 旧URL:http://blog.smjo.net

リダイレクト先 新URL:https://smjo.net

<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;index&quot;'>
<link href='https://smjo.net' rel='canonical'/>
<meta content='0;url=https://smjo.net' http-equiv='refresh'/>

各記事ページをリダイレクトするコード

続いてBloggerの記事ページをWordpressの記事ページへリダイレクトするコードです。リダイレクト元と先のURLに置き換えて記事の数だけ繰り返します。

例)

リダイレクト元URL:http://blog.smjo.net/post-1/

リダイレクト先URL:https://smjo.net/post-1/

<b:elseif cond='data:blog.canonicalUrl == &quot;http://blog.smjo.net/post-1/&quot;'/>
<link href='https://smjo.net/post-1/' rel='canonical'/>
<meta content='0; url=https://smjo.net/post-1/' http-equiv='refresh'/>

このコードをコピペを駆使しながら同じ作業を1時間以上かけて60弱リピート。

その後、リダイレクトエラーチェックをこれまた60弱リピート。

 
 

恩恵①アクセス数向上

リダイレクトの件とか色々ありましたが、基本的には記事を移行しただけなのに直後からPVは1.5〜2倍まで上がりました。

WordPressのテーマがSEOに優れていた為かほとんどの記事でこれまで以上に検索流入アクセスが増えました。

また、移行後の1ヶ月は元サイトからのリダイレクト流入がほとんどでしたが、3ヶ月程でアクセスが落ち着きBloggerからのリダイレクトはほとんど無くなりました。

BloggerがGoogle提供のサービスと言う理由だけでSEO的効果を期待してましたが、そんな事は無かったのかも知れません。

恩恵②モブログ環境

WordPressへの移行理由の一つとしてモバイルでのブログ更新環境の構築がありました。

BloggerのiPhone 公式アプリはしばらく更新されてなく、また今後も更新の期待は薄いです。

※本記事執筆時の最新バージョンは2013年6月1日更新の2.1.7.2 です…

公式アプリがこれだと今後のブログ運営にも不安ですよね。無料サービスだから仕方ないと考えてやってきましたが・・・

また、ウェブ管理画面のインターフェースもモバイルビューに対応していない為、記事の更新が非常に困難です。

その点、Wordpressはモバイルビューに対応した管理画面や頻繁に更新されるiPhone 純正アプリがあるのでiPhoneで外出先から記事のアップや更新が簡単に行えます。

極めつけはビジュアルエディター搭載のiPhone アプリ「SLPRO X」の存在でした。このアプリの存在は本気でWordpressへのブログ移行を決意させてくれました!

SLPRO X for WordPress &amp; Movable Type

SLPRO X for WordPress & Movable Type
¥1,600
posted with アプリーチ

このアプリとWordpress純正アプリがあれば新しい記事のアップから過去記事の編集までほとんどがiPhone で出来ちゃいます。

恩恵③カスタマイズやトラブル時の情報量

これは想像の通りですが、Bloggerのカスタマイズ情報よりもWordpressのカスタマイズ情報が圧倒的に多いです。

そもそもカスタマイズできる範囲が比べ物になりませんが、やはり見た目のカスタマイズはブログを長く続けていく上でのモチベーションにつながる1つの要素だと思います。

Bloggerで時間をかけてやっていたカスタマイズがWordpressではプラグインのインストールだけで出来ちゃうのです。

まとめ

長い目で見ても「あ!私Bloggerでブログ運営してます!」よりも「Wordpressでブログしてます!」の方がウェブ界隈での知識・経験として活かせる事が多いのでは無いでしょうか。