iPhoneで撮った写真、Twitter公開は位置情報(Exif)が自動で削除されるから安心してOK!

例えばとても美味しいスイーツを自宅でiPhoneのカメラで撮影したとします。


その写真をTwitterで公開したら写真のExif情報に書き込まれてる位置情報をもとに自宅がバレてしまうかもしれない?自宅や自宅付近で撮った写真をアップする事に不安になり心配になった事はありませんか?

 
 

iPhoneのカメラは撮影場所の位置情報を記録してます

iPhoneのカメラに限らず最近のコンデジ、一眼レフカメラにも位置情報を記録出来る機種があります。

Exifと言って画像に紐付いたデータがあり、その中には撮影日、カメラのメーカーや機種名、撮影時のカメラ設定、撮影場所のGPS位置情報が含まれます。

福岡市内ビュー

例えばTwitterアップロード前の上の画像のExif情報をパソコンで確認してみます。

iPhoneで撮った写真、Twitter公開は位置情報(Exif)が自動で削除されるから安心してOK!

▲Exifの情報として画像サイズやカメラのメーカー、モデル、撮影時のカメラ設定の他に位置情報として緯度と経度を含む様々な詳細が記録されてるのが分かります。

そもそも写真に位置情報を記録したくない場合はカメラの設定でオン・オフ出来ますが、オフにすると写真に位置情報が記録されなくなるのでiPhoneの写真アプリで写真の撮影場所の地図表示が使えなくなったり、その他にも位置情報を使った便利な使い方が出来なくなるのでよく考える必要があります。

ちなみにiPhoneの写真に位置情報の記録させたくない場合は、「設定>プライバシー>位置情報サービス」と進みカメラをオフにすればOKです。

ツイッターは画像投稿時にExif情報を自動的に削除する

ツイッターは画像投稿する時にExifデータを自動的に削除してアップロードするので、アップロード画像を解析してもその写真が何処で撮影されたか調べる事は出来ません。もちろん、画像に写ってるランドマークから場所を判別出来るケースはありますが、明確なデータとして位置が特定される事はありません。

以下は一度ツイッターに投稿した画像をダウンロードしてパソコンで確認したExif情報です。

iPhoneで撮った写真、Twitter公開は位置情報(Exif)が自動で削除されるから安心してOK!

▲ご覧の通りカメラの情報や位置情報は記録されてません。画像サイズも随分と縮小されいるのが分かります。

 
 

ツイッターも公式にExifデータは自動的に削除するとの事

ツイッターも公式サイトのFAQページに以下の通り記載してます。

ツイッター画像のExifデータはどうなりますか

Exifデータはアップロード時に削除されます。Twitterで画像を見ているユーザーからはアクセスできません。

さいごに

今回のツイッターへの写真投稿はiPhoneの公式アプリから行って検証しました。

注意点としてツイッターの投稿に位置情報を設定してる場合は写真のExif情報が削除されても位置情報を発信しているので注意が必要です。

この記事はiPhoneアプリの「SLPRO X(するぷろ X)」を使って更新しました!