英語シナリオでスター・ウォーズの世界を感じるのだ!SWをキッカケに英語を勉強しよう!

ルーカス公認の解説付きシナリオブック「英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ」を知ってますか?


スター・ウォーズに限らず映画はオリジナル言語で観賞する派の@smjonetです。

スター・ウォーズに限ったことではありませんが、やはり演者本人から出てくる言葉には吹替えでは感じとることのできない独特のニュアンスやアトモスフィア(雰囲気)があり、吹替え版は声優の声の演技が間に入るのでどうしてもオリジナルの雰囲気が伝わらない事があります。

特にスター・ウォーズの世界は英語で味わってこそ、本質を感じとることかわできる映画だと思います。

つい最近スター・ウォーズの特集番組の中でダース・ベーダーの有名なセリフ「I am your father…」の日本語バージョンが「お前の父はワシだ…」という事実を初めての知りましたが「ワシ」って…全然イメージが違い非常に残念でした。

 
 

英語で楽しむスター・ウォーズシナリオブックが登場

それぞれのエピソードの主なシーンをピックアップして英語のセリフには詳しい語注、日本語訳で解説されているルーカス公認のシナリオブックです。

巻末には、「スター・ウォーズ用語集」を収録。 登場人物のみならず、ジェダイ用語、種族、生物、ドロイド、クローン兵、惑星、宇宙船や戦艦等のビークル名など、 『スター・ウォーズ』の世界がよくわかる用語集を豊富な写真とともに掲載した。 アメリカで収録されたルーカス公認の英語音声CDつきだから、正しい発音も確認できる。 映画を見ているだけでは発音がわからない名前や用語まで収録した、大充実のコーナーだ。 引用: アマゾン商品説明より

英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ 新3部作(256ページ)

例えば…
We will see.(それはどうかしら/アミダラ)
Nothing happens by accident.(どんな出来事も偶然ではない/クワイ=ガン・ジン)
A pleasure to meet you.(お目にかかれて光栄です/C-3PO)
Now is not the time for this.(今はこの話をしているときではない/メイス・ウィンドゥ)
I don”t have a choice.(どうしようもないんだ/アナキン) …など、キャラクターになりきって使ってみてほしい。 引用: アマゾン商品説明より

英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ 旧3部作(256ページ)

例えば…
What are you talking about?(いったい何を言っているんだ?/C-3PO)
You”re my only hope.(あなただけが唯一の望みです/レイア)
I have a very bad feeling about this.(すごく嫌な予感がする/ルーク)
I must face him alone.(私一人で対決しなければ/ダース・ベイダー)
It”s not my fault.(俺のせいじゃない/ハン・ソロ) …など、キャラクターになりきって使ってみてほしい。 引用: アマゾン商品説明より

スター・ウォーズがきっかけで英語を勉強しよう

本気で英語を勉強するキッカケが大好きな映画スター・ウォーズだったなんて素晴らしいですよね。

スター・ウォーズはストーリーもさることながら関連する英語辞典も出版されてるので素材は沢山あります。

 
 

さいごに

1人でも多くの方がスター・ウォーズを英語である程度理解して楽しめればいいですね。

スター・ウォーズ関連記事はこちらです↓↓↓