おすすめ東京観光の1つ国会議事堂・参議院の無料見学ツアーを体験してきた!

日本の政治の中心である東京都千代田区の永田町にある国会議事堂(参議院)の見学に行ってきた。


人によっては学生時代の修学旅行で行ったりする人もいるようだが、僕のように社会人になって初めて訪れる人も多いはず。この見学は基本的に土日祝日、年末年始を除けば午前9時から午後4時までの毎正時に無料で見学できるので東京観光にもお勧めだ。

見学所要時間約1時間、受付は参観受付窓口にて

平日の個人見学は午前9時から午後4時まで、議事堂に入る前には持ち物検査が行わるため受付は遅くても30分前までに済ませておく。今回は国会閉会中の平日の月曜日の昼過ぎに受付を行ったが、個人見学は自分を含めて5人と少人数でゆっくり見て回ることができた。

受付には参観証の必要項目に記入して終わり。参観ロビーに入れる時間までは受付窓口の隣にある別の建物(国会連絡室)のロビーでお土産を選んで時間を潰した。歴代総理大臣のイラストが入ったハンカチや湯呑みなど、多様な物が販売されていた。なかでも国章の入ったペン、名刺入れ、財布などがショーケースに並んで販売されていたのが永田町らしいと感じた。

受付時に配られる参議院見学ガイドの冊子は入館時に参観証の写しと併せて必要になるので不要だからと言ってゴミ箱に入れないよう注意が必要だ。

参観は写真撮影は参議院参観ロビーのみ

セキュリティーチェックを通過後、エスカレーターを下るといよいよ国会議事堂内の参議院山間ロビーに入れる。ここはツアー開始前の集合場所でありこれから見学する人に参議院の活動やこれまでのあゆみを模型、複製、実物を通じて学ぶことが出来る。

ちなみに、参観ロビーに到着する前のエスカレーター付近などで写真を取っていたら注意されてしまったので皆さんも注意してほしい。参観ロビーは確認後、写真撮影しても問題無いとのことだが、この部屋を出た見学コースは最後の国会議事堂記念撮影場所まで撮影は一切できなかった。

ロビーに入ってすぐのところに参議院の活動紹介スペースがあり、国会の働き、二院制と参議院、法律の出来るまで、国会の1年や参議院の最近の活動を紹介している。

国会の様々な紀章がところ狭しと並べられていた。よく見る参議院と衆議院の紀章の他にも沢山あることがわかる。

体験・情報コーナーには議長が本会議を閉会するとき粛清を求めるためにたたくギャベル(木づち)の複製、議席複製、明治時代の貴族院議場に置かれていた天皇陛下が座る御椅子が展示されていた。

 
 

五感で吸収した日本政治の中心1時間見学ツアー

見学は参観ロビーから始まり本会議場傍聴席→廊下→御休所前広場→天皇陛下の御休所→皇族室→中央広間→中庭→前庭→議事堂前で記念写真の順となる。それぞれのスポットや移動中も事務局の警務官による説明を聞きながら進んでいく。疑問に思った事など丁寧に説明して頂いたのがとても印象に残っている(例えば参議院本会議場にある両陛下専用の傍聴席はこれまで何度利用されたのか?等)。

さいごに

1時間の見学ツアーだったが、都内観光として無料でこれほど内容の濃い政治・歴史見学ができたのは素晴らしかった。とても貴重な体験ができたと思う。一緒に回った見学者は衆議院と参議院どちらを見学しようか迷ったそうだが、天皇陛下の椅子が置かれてる分見どころの多い参議院を見学に選んだと言っていた。

学生時代に見学を行った人も社会人となってから再度訪れてみるのもまた良いのではないかと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

幼少期に香港と日本を往復、その後インドネシアを経てオーストラリアで高校・大学生活を過ごす。現在は福岡でサラリーマン。