皇居乾通り一般公開 2017(無料)は週末2回含む9日間実施、ルートと見どころをチェック

12月2日(土)から10日(日)まで一般公開される皇居乾通りの一般公開に参加して紅葉を見に行ってきました。

皇居乾通り一般公開 2017 (無料)について

皇居乾通りの一般公開は平成26年(2014)天皇陛下の傘寿を記念して春季と秋季に初めて実施。好評だったことからその後も平成27年秋、平成28年春に実施されました。

平成28年秋~今年の春は乾通りの樹木更新工事のため実施されなかったので秋季の一般公開は実に2年ぶり。2017年の一般公開期間は12月2日(土)から12月10日(日)の9日間、入門時間は午前10時から午後2時30分まで

平成26年 春
4月4日(金)~4月8日(火)(5日間)
参入者数:385,060人

平成26年 秋
12月3日(水)~12月7日(日)(5日間)
参入者数:349,500人

平成27年 春
実施なし

平成27年 秋
12月5日(土)~12月9日(水)(5日間)
参入者数:202,820人

平成28年 春
3月25日(金)~4月3日(日)(10日間)※ 桜の開花状況にかんがみ3日間延長
参入者数:508,010人

平成28年 秋
実施なし(乾通りの樹木更新工事)

平成29年 春
実施なし(乾通りの樹木更新工事)

坂下門から乾門までは約750m、途中東御苑から退出する分かれ道あり

坂下門からセキュリティチェック後に入場(午前10時から午後2時30分まで)しますが、土日は大変込み合うので30分は時間に余裕をもって到着されることをお勧めします。坂下門から乾門までは一方通行で距離にして約750m、途中乾門への道と東御苑への道を選んで進みます。乾門からの退出時間は15:30、東御苑からの退出時間は16:00です。

東京駅から入門待ち列まで徒歩約20~30分

12月4日は平日の月曜日、時間は12時15分頃は殆ど列もなく比較的スムーズにセキュリティチェックを通過できました。

皇居前広場の様子

正面に見えるのは皇居正門と二重橋。参列者の整列用のコーンの数が…

 
 

セキュリティチェック後、いよいよ坂下門へ

正面に見えるのが坂下門です。そして緑の屋根の宮内庁庁舎がその奥に見えます。

奥に見えるのは宮殿。テレビで見る皇室の方がガラス越しに新年一般参賀が行われる場所ですね。今回の乾通り一般公開はこの宮殿の前は通れません。

宮内庁庁舎前を通って乾通りを通行します。この庁舎の一室で数日前(2017年12月1日)皇室会議が行われ2019年4月30日に退位する日程が決められました。

そして乾通りを進めば両脇に広がる豊かな木々が綺麗に色ずいています。

春と冬、1年に2度咲くといわれるフユザクラ。しっかり咲いて丁度見ごろでした。今度は春に咲いているところを見たい。

通ることのできない通りには立派な門で閉ざされていました。この奥もすごい綺麗なんでしょうね。ゴクリ…

さいごに

日頃入ることができない皇居の紅葉の景色をゆっくり楽しむことができました。今年は実施期間に2回の週末が含まれる比較的長めの9日間となっていますが、都合がつくならば混雑が少ない平日の午前中がお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

幼少期に香港と日本を往復、その後インドネシアを経てオーストラリアで高校・大学生活を過ごす。現在は福岡でサラリーマン。