Flickr が同業他社 SmugMug 傘下に、アカウントと写真データ管理移行を希望しない場合は5/25までに削除を

写真共有サービスのFlickr は4月20日(現地時間)、同業のSmugMug による買収が最終合意したと発表。これにより今後Flickr はSmugMug の管理下となる。


とはいえ、Flickr のアナウンスにのると当分は現状維持のサービスが提供される予定とのこと。また、SmugMug が提供する有料型写真共有サービスとの統合の予定は無く、別サービスとしてFlickr を存在させていくようだ。

5/25移行アカウントはSmugMug の管理下に

現在、米Yahoo!アカウントでのログインはしばらく続くようだが、5/25移行はFlickr のアカウントは全てSmugMug の管理下に移行されると既存のFlickr ユーザーにメールでアナウンスされている。基本的にFlickr に日本語サービスはない為、原文は全て英語である。

期限までにアカウント削除すればアカウントの移行はされない

なお、期限までにアカウント削除を行えばアカウントの自動移行はされないとのこと。移行を希望しないユーザーは写真・動画をバックアップ後にアカウント削除するよう案内されている。

If you do not delete your account by May 25, 2018, your Flickr account and data will transfer to SmugMug and will be governed by SmugMug’s Terms and Privacy Policy.

 
 

さいごに

日本では昔からのユーザーだったり、熱烈な写真愛好家以外は昔ほどFlickrのプレゼンスは無いが(iPhone アプリも未だ日本で提供されず)、無制限アップロードだったり、優秀な写真検索サービスが理由で利用者は少なくない。

SmugMug の提供するサービスが有料である為、Flickr との棲み分け方、日本向けアプリ開発の有無など今後の動向が気になるところ。

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

コーヒーはブラック、ソースより醤油が好きなシンプリスト。海外で学生時代を過ごし帰国、現在は福岡を拠点に奮闘中。