Gmailのアーカイブしたメールをスクリプトで自動で既読にする方法

Gmailのメールアドレスをウェブサイトや公式アプリで運用しているのですが、内容を確認しないでアーカイブする場合、すべてのメール(アーカイブ)に未読が溜まり続けてしまいます。そんな時にはこの方法で一発解決!


私はInbox(受信箱)を空にしていくメール管理をしています。新しいメールは確認後、特に対応する必要のない場合はアーカイブして消化していきます。

対応が必要な場合はInbox に残して対応が終わったらアーカイブします。なので基本的に受信箱は空です。

Gmail Inbox

アーカイブにある未読メールを自動で既読にするいつもと同じ内容のメールや明らかな広告メールは内容を確認せずに未読のままアーカイブすることがあります。

すると、アーカイブに未読メールが散乱し始めてしまいます。

現在のGmail はワンクリック(またはワンアクション)で「既読にしてアーカイブ」ができません。そんな時に見つけたのがGoogle Apps Scriptを使い定期的にアーカイブ内の未読メールを既読にする自動化スクリプト。

下記コードをGoogle Apps Script ページで新規スクリプトとして作成後、トリガー(実行する時間)を設定して実行すればアーカイブ内の未読メールが自動的に既読になります。

Google apps script

私は15分間隔でスクリプトを実行するトリガーを設定しています。

Google apps script trigger

これでアーカイブに未読メールは無くなるのでより簡素なメール管理が可能になります。

ABOUTこの記事をかいた人

ソロシンプリスト

幼少期に香港と日本を往復、その後インドネシアを経てオーストラリアで高校・大学生活を過ごす。現在は福岡でサラリーマン。