メインカードをVisa LINE Pay クレジットカードから三井住友カード ゴールド(NL)に変えた

三井住友カード ゴールド(NL)LINEクレカ

メインで使うクレジットカードをVisa LINE Pay クレジットカード(以下、LINEクレカ)から三井住友カード ゴールド(NL)(以下、三井住友カード)に変更した。

どちらも発行元は三井住友カードでVpassアプリを使用するので利用通知がLINEで届くのかVpassアプリで届く違いのほか、基本的な使い勝手は変わらない。還元率はLINEクレカが2%で三井住友カードは基本0.5%、セブンイレブンなどのコンビニ3社ではタッチ決済で最大5%還元となる。

これから三井住友カード ナンバーレスカードを作ろうと考えている人、もしくはLINEクレカとどう棲み分けして使っていこうか悩んでいる人の参考になれば嬉しい。

年間100万円以上利用を前提に選ぶ

三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料となるのがポイント。

三井住友カードをメインにしようと考えた場合、前提となるのは年間100万円以上のクレカ利用だ。人によっては家賃がクレジットカードで支払えたり、光熱費など日常生活における出費をクレジットカードにすることで達成できたりできなかったりだろう。また家電など比較的大きな買い物をすることで達成できる場合もあるかと思う。

Visa LINE Pay クレジットカードで100万円利用した場合

単純にLINEクレカで100万円使った場合、還元率が2%なので2万円がポイントとして戻ってくる。

利用額還元率還元額還元方法
100万円2%20,000円相当LINEポイント

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円利用した場合

単純に三井住友カードで100万円使った場合、還元率が0.5%なので5千円がポイントとして戻ってくる。

その他、ゴールドカードの特典として年間100万円の利用で毎年10,000ポイント還元があるので最低でも還元額が15,000円となる。

利用額還元率還元額還元方法
100万円0.5%5,000円相当Vポイント
10,000円相当Vポイント

参考毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイント還元(継続特典)

ここではコンビニで最大5%還元等を考慮していないので、コンビニを多様する人は実質上記以上の還元額となるはず。

ここまではLINEクレカの方が還元額が5000円高く、魅力的なのはLINEクレカとなるが、その差は思ったよりも無いと思った人も多いのではないか?

入会キャンペーンが適応となれば三井住友カードがお得

三井住友カードは新規入会で最大13,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを2021年9月30日まで開催。キャンペーンの条件を満たし5000円相当以上のポイント還元を受ければLINEクレカよりもお得になる。

参考新規入会で最大13,000円相当プレゼント

LINEクレカの還元率2%は2022年4月30日まで(予定)

LINEクレカの還元率2%は公表されている2022年4月30日までとなっている。あくまで予定だが2021年5月からは還元率が1%になるので、上記のLINEクレカを使った100万円試算から還元額が変わってくる。

仮に8月1日から1年間を月々9万円利用した場合を試算してみた。

支払月利用額還元率還元額
8月9万円2%1,800円相当
9月9万円2%1,800円相当
10月9万円2%1,800円相当
11月9万円2%1,800円相当
12月9万円2%1,800円相当
1月9万円2%1,800円相当
2月9万円2%1,800円相当
3月9万円2%1,800円相当
4月9万円2%1,800円相当
5月9万円1%900円相当
6月9万円1%900円相当
7月9万円1%900円相当
合計108万円18,900円相当

参考Visa LINE Payクレジットカード

三井住友カードでもLINE Pay のチャージ&ペイが利用可能

還元方法がLINEポイントとVポイントで違うものの、どちらのカードも還元率は同じ0.5%なのでLINE Payのチャージ&ペイを利用する際のLINEクレカのメリットはない。

むしろ三井住友カードに設定したほうが年間100万円利用にカウントされるというメリットがある。

参考LINE Payのチャージ&ペイを活用してVポイントを貯めよう

普段使いで年間100万円以上の予定があればメインカードとして

これからの1年間を100万円以上利用するクレジットカードとして還元率と還元額を想定して考えてみた。

長い目で見た場合、通常還元率が0.5%でも年間100万円の利用で毎年10,000ポイント還元がある三井住友カード ゴールド(NL)はLINEクレカよりもお得感がある。そしてなによりも1回でも年間100万円を達成するとその後は年会費永年無料になるのが嬉しい。

2%還元のLINEクレカを横目に0.5%還元カードを使うのは辛いが、1年後どちらが幸せなのか考え今回三井住友カードをメインにする判断を下した。